バイアグラ通販は合法だが注意点もある

P1090657バイアグラ通販(個人輸入)

バイアグラの個人輸入は、厚生労働省でも認められている正式な方法です。
海外の医薬品を日本に住む私たちの自宅まで、取り寄せる方法です。
しかし、個人では言葉の壁や輸入手続きがあるため、なかなか簡単にはいきません。
そこで、個人輸入代行業者を利用すると、ネット通販並みの簡単さで入手することが可能です。
しかし、個人輸入で無制限に、バイアグラを取り寄せることはできません。
「薬事法」という法律に則る必要があります。
薬事法とバイアグラ 通販(個人輸入)がどう関わってくるかについて、ご説明します(シアリスの正規品に関しても同じ内容となります)。
まず、「個人利用が目的である」と決められています。
これは、自分で使う目的でのみバイアグラを通販する事ができるということです。
つまり、通販(個人輸入)で買ったバイアグラを他の人に売る目的で購入することはできないということです。
また薬事法では、医薬品等の個人輸入(通販)に、上限を設けています。
バイアグラの場合は「用法用量から見て、1か月以内」と決められています。
バイアグラは、用法用量が1日1錠なので、1回の通販では30錠が限界となります。
それ以上のバイアグラを通販で購入することはできません。
バイアグラに限らず、お薬は本当に必要な人以外が飲むと、身体に悪影響を与える場合があります。
また、間違った使い方をすると、バイアグラは命に関わるほど重篤な副作用がある強力なお薬です。
バイアグラの他にもAGA治療は色々あります。特にレビトラは即効性が魅力なので、即効性を求める人はそちらがおすすめです。