バイアグラの併用禁忌に指定されている薬

バイアグラは単体の服用であれば重篤な副作用は発生しづらく、ある程度の安全性が保たれているとされています。
これは日本国内の厳しい医薬品に対する基準をクリアして流通しているということからも、間違いのないことだと言えます。
しかしながら、バイアグラは強力な医薬品であるため、併用禁忌として指定されている薬もあります。
まず併用禁忌の中でも注意するべき存在となるのが、ニトログリセリンなどの心筋梗塞や狭心症の処置に使用する薬です。
特に過去にはニトログリセリンとバイアグラを併用してしまった高齢者の方が、性行為後に心停止状態に陥って死亡するという事故が何件か発生しました。
バイアグラには血圧下げる副作用があるため、同様の効果を持つニトログリセリンと併用することで血圧が突然急激に低下したというのがその原因です。
これはバイアグラがまだ日本国内に入ってくるように間もなかったことも関係していますが、個人輸入で入手したため併用禁忌の情報を知らなかったということも関係しているでしょう。
こうした併用禁忌を知らなかったことによって発生する事故は、事前に医師の診察を受け、既に飲んでいる薬があることを伝えていれば確実に防げたはずの事故です。
特に近年ではネット販売などでバイアグラを気軽に購入できるような環境が出来あがってしまっているのですが、実はこれは大変に危険なことなのです。
個人輸入で手に入れた人からバイアグラを譲り受けたという人もいるのですが、もしそうした形で手に入れたのであっても安易な判断で服用することは危険です。
バイアグラは性欲を増強するだけの薬と言うように見られることもありますが、ED治療の効果は確かな薬理作用に基づくものです。
薬理作用があるのであれば、それは時として重篤な副作用を招くリスクになりますから、服用前には必ず専門医の判断を聞くようにしてください。