製薬会社は厚生労働省にべったり

製薬会社と厚生労働省は新薬の承認や副作用など、切っても切れない関係です。
自社製品に対して厳しい勧告を受けることも珍しいことではありません。
厚生労働省は常に製薬会社の動きに敏感なほど目を光らせています。
人の命に関るのですから当然といえば当然なのでしょうが。
そのため製薬会社は上手に厚生労働省と付き合わざるを得ないのです。
手段の一つなのかどうかは分かりませんが、製薬会社というのは、厚生労働省からの天下り社員を好待遇で迎え入れているところがほとんど。
多厚生労働省とファイザーの関係も例外ではありません。
迎え入れていない会社はないくらい、天下り社員が多いこと多いこと・・・。
そうして、厚生労働省とのパイプを強固なものにしていくのです。
様々な意味で製薬会社は厚生労働省にべったりであるといえます。
新薬の承認や厚生労働省との交渉など、非常に多くのアドバイスを天下り社員からアドバイスをもらったりしているのです。
医療という分野はなんとなく一般人には近寄りがたく、把握が難しいジャンルではありますが、私たちの知らない所でこうやって製薬会社と厚生労働省に上手く踊らされているのかもしれませんね。