違法となってしまう個人輸入のやり方

プレゼントNGl個人輸入(通販)で買ったバイアグラを、他の人に勧めて譲ったり、女性が男性のためにバイアグラを購入して、プレゼントするという行為は、薬事法違反ということになります。
他の人に譲ったバイアグラで、その人を危険な目に遭わせてはいけません。
個人輸入(通販)で買ったバイアグラは、絶対に他の人に渡さないように、しっかりと管理してください。
他人に譲ることは、法律違反です。
薬事法に違反すると、懲罰や罰金といった刑事罰に処されることもある厳しい法律です。
自分で使う目的でのみ、バイアグラを個人輸入できることは、先でご説明しましたが、ここでいう輸入には、海外旅行先で購入した医薬品を、帰国時に持ち帰るということも含まれます。
中国では日本と違って、処方せんなしでバイアグラやシアリスを、普通に購入することができます。
海外で購入したバイアグラやシアリスを、海外で使用している限りは、日本の薬事法の規制は受けません。
しかし、海外で購入した後、日本に持ち帰ったり、海外から通信販売で日本に郵送してもらう場合には、日本の薬事法という法律で決められた条件を、クリアする必要があります。
また、個人輸入(通販)の送付先が、勤務先(会社)だったり郵便局留めだった時には、税関で留められて、電話がかかってくるそうです。